キッズ

幼稚園に通えば将来役に立つ|教育方針を確認しておこう

入試で優位に

女の子

小学生でも英語の能力をはかるために英検を受ける人が多くいます。ただし、学校でやっている勉強だけでは合格が難しく、書く力を身につける必要があります。また、中学入試においては級を保有しているとアドバンテージになることもあります。

もっと読む

大学進学に役立つ

男の子

子どもにスポーツの習い事をさせる親御さんが増えてきています。新たな才能を見いだせたり、将来的にスポーツ推薦で大学に入学できたりというように、メリットが多いからです。もちろん、子どもの意思を尊重して選択することが大切です。

もっと読む

お子さんにあった園選び

先生と子供

福岡の幼稚園には私立と公立の幼稚園がありますが、それぞれにメリットがありますのでお子さんに合わせた選び方がおすすめです。どの幼稚園にもそれぞれ独自の教育があり、特徴がありますがサポート体制は十分なので安心して任せられます。

もっと読む

幼児を預けたい場所とは

子供

通わせることのメリット

福岡市では、幼稚園に通わせる親が多いです。幼稚園は教育施設の一つとして位置づけられているのが、大きなポイントです。そのため文字の読み書きや数え方など、基礎的な学習をすることができます。また、一定の生活習慣を身につけることができるのも、メリットです。学習で席に着く時間が長いですから、自然と落ち着いて座ることができるようになります。列に並ぶなどの規律を学ぶこともでき、就学の準備期間として幼稚園で過ごすことの意味は大きいのです。さらに幼稚園は、保育時間が短く設定されているため、降園後の時間を有効に活用できることも魅力です。習い事に通わせることもできますし、親子の触れ合いの時間にあてることもできます。

公立と私立それぞれの違い

福岡市の幼稚園は、公立と私立の二つに分かれます。公立幼稚園は、自治体によって運営されており、教育方針は指導要領で規定されているため、園ごとによる差異は小さいのが特徴です。通園は送り迎えが基本であり、昼食も弁当であるところが多いため、親がしっかりサポートしてあげる姿勢が大切になります。福岡市では費用は私立と比較して安く抑えられており、負担は少ないです。私立幼稚園は、学校法人や社会福祉法人などの民間が運営しているのが特徴で、教育方針にはそれぞれ特色があります。通園バスが運行されている幼稚園も多く、弁当持参は少ないため、この点は負担感を感じずにすみます。また福岡市の私立幼稚園では、通常の保育とは別に、水泳や体操などの教室をオプションで用意しているところも多いです。別に費用がかかりますが、延長保育で行えるため便利です。